ホーム  arrow  SPC通信  arrow  TOP
SPC通信
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-11-02 (23 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.233 2017年10月号

TOPICS
≪魔力≫ 伝わる~第25回SPCおもしろセミナーコールアングレの魔力~から

仙台フィルのオーボエ奏者で、近年は他のオーケストラからもコールアングレの奏者として招かれることの多い木立 至さんをお迎えしてのセミナーでした。10月7日はあいにくの雨でしたが、会員ならびに一般のお客様に90名ほどご来場していただきました。
前半はこの楽器が活躍するドヴォルザークの新世界交響曲のラルゴやロドリーゴのアランフェス協奏曲の一部が阿部玲子さんのピアノ伴奏で演奏されました。・・・・・

REVIEW
せんくら2017「Legacy of Act -受け継がれていくもの- 3つの弦楽器がおりなす室内楽の“粋”」

われらがヴィオラソロ首席、井野邉さんプロデュースのこのトリオが鮮烈デビュー! 小山さんは入団3年目、吉岡さんは4年目という若い二人ではありますが、その成長はたいへん著しいものがあります。この演奏でも、驚くほどハイレべルな音楽を披露してくれました。とくにドホナーニの多彩な表現は、息をのむほどでした。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
第312回定期演奏会 2017年9月15、16日
指揮:小泉 和裕
モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
シェーンベルク:浄められた夜 作品4
シューマン:交響曲第4番 ニ短調 作品120

こんなに美しくダイナミックなシューマンは初めてです。 小泉さん最高!また仙台に来て欲しい。

シェーンベルクのヴィオラの音が深みと同時に品格もあり、 音楽の中心的役割を果たしていた。

浄夜の高音に少し不満が残った・・・求めすぎ?!

小泉さんの演奏は今まではずれがない。 最後なのはおしい・・・・

モーツァルトは流麗で快活な演奏でした。「浄められた夜」は一度実演で聴いてみたかった作品。熱くドラマティックな素晴らしい演奏でした。ヴィオラソロが極上!シューマンの交響曲は小泉氏が見事にオーケストラをドライブした演奏で秀演だったと思います。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-10-02 (25 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.232 2017年9月号

EVENT
第25回SPCおもしろセミナー「コールアングレの魔力~仙台初!コールアングレの魅力満載の演奏会~」

SPCが毎年、仙台フィルの演奏家を招いて開催している「おもしろセミナー」、今年は久しぶりの管楽器のセミナーとなります。ドヴォルザークの新世界やシベリウスの交響曲第2番で、脇役ながら心に残る旋律を奏でる楽器です。出演の仙台フィルオーボエ奏者の木立至さんよりコメントをいただきました。
『10月7日の演奏会、皆様にお会いできることを楽しみにしております。・・・・・

REVIEW
特別演奏会「サマーフェスティバル2017」(2017.7.29 東京エレクトロンホール宮城)

畠山美由紀ファンの私に、まさかの仙台フィルとの共演の報!先行ですぐチケット購入!毎日CDを聞いて首を長くしてこの日を待っていました。 一曲目から感動の涙。彼女はいつも必要以上に「被災地出身」を振りかざさないのですが、やはり地元で歌う「わが美しき故郷よ」は熱い心があふれていて。「ふるさと」はあの、震災直後に号泣しながら歌った時とは違う、温かい感動がありました。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
第311回定期演奏会 2017年7月21、22日
指揮:ガブリエル・フェルツ
ヴァイオリン:有希 マヌエラ・ヤンケ
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」

有希さんのブラームスの大人の冷静さ!去年コンクールで若い人たちのを聴いたせいか、こんなにゆっくり落ち着いた曲だとは思いませんでした。アンコールのバッハもとてもしぶかったです!

満席なのにイマイチでした(泣)雑だったネ。いつもの力を出して欲しかった。

ベートーヴェンの解釈?おもしろかったけど・・・・・ブラームスのバイオリンステキ♡

早弾きベートーヴェン、大きなフレーズ、勢いあるベクトル。おもしろかったです!!

これまで仙フィルに来る外国人指揮者はだいたい「当たり」でしたが、今日の指揮者は・・・・ オケの皆さんもさぞお疲れになった事でしょう。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-08-02 (22 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.231 2017年7月号

EVENT
第25回SPCおもしろセミナー10/7開催 !「コールアングレの魔力~仙台初!コールアングレの魅力満載の演奏会~」

SPCが毎年自信を持ってお届けするおもしろセミナー、今年度は仙台フィルオーボエ奏者の木立至さんをお迎えします。コールアングレ? イングリッシュホルン? 呼名もいろいろ。でも一度あの音、あのメロディーを聴いたら忘れられない魅力の楽器です。・・・・・

REVIEW
仙台駅「杜の都」コンサート “杜の都の名手たち”

多くのお客さんで賑わう中、5/26~28の3日間で協奏曲、交響曲、舞曲を無料で楽しめる贅沢な演奏会が開かれました。 初日の協奏曲は、駅の雑踏の中であるにもかかわらず、ソリストの妙技を十二分に堪能できました。・・・・・

♪SPCのおすすめ♪
高橋麻子 企画 音楽の旅 第11弾 ~フランス・ベルギーの室内楽~

SPCの会員である高橋麻子さんによるコンサートです。なんと我らが仙台フィルのコンサートマスター神谷未穂さんとチェリストのエマニュエル ジラールさんを迎えての室内楽です。豪華な協演に期待がふくらみます。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
第310回定期演奏会 2017年6月9、10日
指揮:下野 竜也
オーボエ:セリーヌ・モワネ
ロッシーニ:歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
モーツァルト:オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314
ドヴォルザーク:交響曲第6番 ニ長調 作品60

オーボエ、セリーヌ・モワネさんの音が素晴らしかった。特に2楽章の美しい優しい響きに心が洗われるようだった。下野さんのタクトのもと力強い演奏だった。

モワネ氏の明るくつやのある音色と高い表現力に感動!前半の2曲は軽快で典雅な演奏でした。下野氏のプログラミングのセンスは実に素晴らしかったです。ドヴォルザークの交響曲では下野氏の音楽創りの巧さが光りました。大胆かつ繊細で、とても良かったです。

下野さんが振ると、やっぱり私には解り易い。クラシックを身近にして下さいました。大ファンです。

モワネさんの美音にウットリ。青文はこの位の編成がピッタリ。

ロッシーニ、竹内さんのトライアングルを初めて見、聴きました。ヘの字に結んだ口が面白かった。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-06-29 (168 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.230 2017年6月号

TOPICS
2017年度SPC総会が行われました!

去る5月6日、仙台市市民活動サポートセンターセミナーホールにて、約30名の会員の出席のもと行われました。2016年度の事業、決算、会計監査の報告、並びに2017年度の事業計画と予算が承認されました。総会後は、4月より新しく就任された磯貝演奏事業部長より、今年度の定期演奏会、そして夏の特別演奏会「畠山美由紀×仙台フィル」の聴きどころを伺いました。・・・・・

♪SPCのおすすめ♪
アートウェイデュオ ライブ&アート2017
~caféくるり一周年記念ライブ~

日時:2017年6月27日(火)
スイーツライブ 3000円(スイーツ+1ドリンク) 開場14:30開演15:00
ディナーライブ 5000円(ディナー+1ドリンク) 開場17:30開演18:00
素材にこだわった美味しい料理と明るいリビングの雰囲気で、いま話題の薬師堂 「 caféくるり 」が、オープン一周年記念ライブを行います。出演は、我らが仙台フィルヴァイオリン奏者ヘンリ・タタルさんと木下順子さん。

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
309回定期演奏会 2017年5月19、20日
指揮:パスカル・ヴェロ
ピアノ:北端祥人
トランペット:森岡正典
シチェドリン:管弦楽のための協奏曲第3番「古いロシアのサーカス音楽」
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 ハ短調作品35
シュニトケ/ストローベル:「道化師と子供達」より
ショスタコーヴィチ:交響曲第9番 変ホ長調作品70

北端君素晴らしかった♡仙台国際音楽コンクールのモーツァルトの美しい音にびっくりしましたが、ショスタコも素敵な音で感動しました!! 森岡さんもすばらしい!名演奏でした!!

ミュージック・フロム・パトナでパスカル・ヴェロさんのファンになりました。仙フィルのコンサートはたぶん今日が最後です。仙台を離れる前に演奏会に来れて良かった。またいつか・・・皆様に会えます様に。私のクラシックを楽しむきっかけになりました。ありがとうございます

ヤジンスキー氏の存在力のある演奏。透明感のある戸田氏のフルートソロ。素晴らしい。

シチェドリンの生は初めて聴いた。全く知らない曲だった。とても面白かった。

ヴェロ氏はショスタコを難しい音楽ではなく分かりやすい音楽にした功績大。9番では水野氏のファゴットソロが秀逸。クラリネットとフルートのソロも素晴らしかった。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-06-29 (130 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.229 2017年5月号

TOPICS
2016年度演奏活動賛助金決定!贈呈式を行いました!
TOPICS
名和さん行ってらっしゃい!

コントラバス奏者 名和俊さんが、4月から一年間ベルリンに留学されています。仙台フィルの演奏他、伊達LowStringsはじめ様々な活動をしていた名和さん。一年間、演奏を聴けないのは淋しいですが(名和ロスの人もいるとか…)。・・・・・

REVIEW
「Concert A」はじまりのla
~仙台フィル若手メンバープロデュースの室内楽~

2017年3月30日(木)宮城野文化センター パトナホール
出演:小山あずさ、吉岡知広、名和俊、下路詞子、斎藤雄介、溝根伸吾、宮本有里、杉浦文、長石篤志、柿沼麻美
若手奏者がはじめた室内楽活動。お馴染みのモーツァルトホルン五重奏曲からはじまり、メンデルスゾーン、シューベルトとフレッシュでエネルギッシュな演奏でした。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
308回定期演奏会 2017年3月18日(土) 会場:イズミティ21
指揮:アンドレア・バッティストーニ
ロッシーニ:歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲
ヴェルディ:歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲
プッチーニ:交響的前奏曲
ムソルグスキー/ラヴェル:組曲「展覧会の絵」

バッティストーニは想像をはるかに超えるほど素晴らしい指揮者だった。仙台フィルも今年度定期の締めくくりとして相応しい演奏だった。展覧会の絵、クラリネット・ファゴットが良かった!

ウィリアムテルのチェロセクション(プラスバス)最高でした。三宅さんブラボー!! バッティストーニさんのイタリアの歌心に仙台フィルが積極的に応えていて、素晴らしかったです。涙が出ました。

すばらしい。いつもと違う音色だった様に感じました。緻密で若々しい!

感動しました。東京から来て良かったです。

憧れのバッティストーニ様にお会い出来、大感激です。また、仙台フィルでお目にかかりとうございます。

指揮の方が小さくジャンプしているのを見て、「のだめ」を思い出しておもしろかった。吹奏楽のコンサートが多かったので、弦の音の良さを感じました。


(1) 2 3 4 ... 14 »
このページの先頭へ