SPC通信
投稿者 : admin 投稿日時: 2018-08-14 (33 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.240 2018年7月号

第26回SPCおもしろセミナー
ホルンが誘う魅惑の“領域” ZONE for HORN

SPC恒例のおもしろセミナー、今年も開催いたします。 今年はホルンの溝根さんを迎えてのセミナーになります。ホルンについてのあれこれや、留学したドイツでの体験等興味深い話を聞く事が出来ると思います。もちろんホルンの響きもたっぷりとお楽しみ頂けます。 大勢の皆様のご来場をお待ちしております。・・・・・

第26回SPCおもしろセミナーのチラシ
REVIEW
仙台駅「杜の都コンサート」(駅コン)

6月2日、休日でもあり人の行き来がいつもより多い仙台駅で、毎年恒例の仙台駅「杜の都コンサート」が開かれました。演奏会は3日連続で開催され、2日目はバロック音楽の演奏会でした。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
SPC大賞 第319回定期演奏会 2018年6月15、16日
指揮:飯守泰次郎
ベートーヴェン/交響曲第2番 ニ長調作品36
ベートーヴェン/交響曲第3番 変ホ長調作品55「英雄」

人件費削減の新聞報道が出たせいか、ボヤボヤしてると首切られるとでも言いたげな、キレッキレの緊張感あふれる演奏だった。

コントラバスを演奏する者なので、コントラバスに見とれていました!演奏者の方々がとても素敵でした。

学生時代に取り組んでいた時のことを思い出しました。弦、管それぞれ素晴らしいアンサンブルでした。


投稿者 : admin 投稿日時: 2018-08-14 (32 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.239 2018年6月号

STORY
SPC音楽小話1 仙台とムラヴィンスキー

エフゲニー・ムラヴィンスキーというロシアの指揮者をご存知の方も多いと思います。1938年から1988年まで、レニングラードフィルハーモニー管弦楽団の指揮者として活躍し、日本にも4度来ています。厳しい表情から創り出される音楽に、心を震わせた聴衆も多いはずです。・・・・・

EVENT
「6/7『日本のオーケストラ音楽』展2018」トークイベント 2018.5.13 仙台市民図書館

5月13日、SPC総会の終了後、メディアテークの市民図書館にて、4月からレジデント・コンダクターに就任された高関健さんと、仙台フィル磯貝演奏事業部長によるトークイベントが行われました。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
SPC大賞 第318回定期演奏会 2018年5月11、12日
指揮:ヤデル・ビニャミーニ
ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲
ロッシーニ/レスピーギ:バレエ組曲「風変わりな店」
ヴェルディ:歌劇「マクベス」より<舞踊音楽>
ストラヴィンスキー:幻想的スケルツォ
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)

ビニャミーニさん。すばらしい。鳥の姿がうかんできました。

いやあ、管楽器が素晴らしかった。輝いていましたね。楽しめましたよ。ヤデル氏もめりはりあって気に入りました。

トランペット新人君、すごくいいね!仙台フィルの弱点?金管に明るい光がさした気がする(笑) 期待してます!!


投稿者 : admin 投稿日時: 2018-05-30 (113 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.238 2018年5月号

NEWS
「名和さんお帰りなさい!」

2017年4月から一年間、ドイツのベルリンに留学されていた、コントラバスの名和俊さんが、先日帰国されました。さらに、新年度から仙台フィルの副首席奏者に就任されました。 ますます磨きをかけた名和さんの演奏がこれから楽しみです!・・・・・

TOPICS
SPCは仙台フィルを応援します

仙台フィルハーモニークラブ(SPC)は、仙台フィルを愛する仲間たちで1995年(平成7年)に結成されたファンクラブです。クラッシック音楽、そして仙台フィルを愛する約100人の会員で活動しています。これまで仙台フィルからうけた「感動」を糧に、仙台フィルや楽員の演奏活動に「感謝」と「奉仕」でお返ししたいと考えています。年齢、職業、地域にとらわれず活動しています。私たちと一緒に楽しく仙台フィルを応援しませんか!。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
SPC大賞 317回定期演奏会 3月16,17日
<今回の定期はパスカル・ヴェロ氏の最後の公演でした。>
指揮:パスカル・ヴェロ
ピアノ:横山幸雄
サティ:グノシエンヌ第1番、第3番、第2番
ジムノペディ第3番、第2番、第1番
ダンディ:フランスの山人の歌による交響曲 作品25
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
ラヴェル:ラ・ヴァルス
ラヴェル:ボレロ

とても良かったです、感動!!ヴェロさんの指揮を初めて見て仙フィルに通うようになりました。ありがとう。

ヴェロさんへ、お疲れ様でした。ラヴェルのワルツはヴェロさんらしいです。最後もボレロでしめたのが良かった。シャンソンもお上手ですね。ありがとうございました。

最初からヴェロさんのオーラが伝わってきました。「仙台フィルが大好き」なのが伝わりました。目の前でヴェロさんの枯葉が聴けるなんて・・・今日は神様からのプレゼント。メルシー、サンキュー、ありがとう!!


投稿者 : admin 投稿日時: 2018-04-30 (75 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.237 2018年3月号

NEWS
讃歌
マエストロ『パスカル・ヴェロ~聴衆に伝えた感動~』

マエストロ「パスカル・ヴェロ」さんの最後の定期演奏会に臨んで、聴衆に伝えてくれた感動について考えてみましょう。マエストロが常任指揮者になられて仙台フィルのプログラムの選択や奏でられる音楽に新たな楽しみが加わりました。またベルリオーズの「レリオ」やドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」などのコンサートの作り方から、私たちの知らなかった新たな感動を伝えてくれた・・・・・

REVIEW
ARTWAYDUOライブ at カフェくるり Vol.3

カフェくるり恒例のタタルさんライブも、vol.3となりました。毎回、くるりの美味しいスイーツとお食事(牛肉の赤ワイン煮、最高!)と、タタルさんのトークと演奏が大好評で、リピーターのお客様も増えています。・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
SPC大賞 316回定期演奏会 2月16,17日
指揮:渡邉一正
ピアノ:牛田智大
リスト:交響詩「レ・プレリュード」
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35

ソロがどれも素晴らしく羽生選手の金メダルくらい鳥肌が立ちました。

牛田君目当てでしたが、プレリュードがとても良かったです。マエストロの人柄によるものですかしら?アンコールもGood。羽生、牛田と若い才能を一日で見られて死んでもいいです。

牛田君、大人になったなあ!!「天才少年」で終わらなかった努力をほめたたえたい。すばらしいリストでした。リスト好きとしては嬉しかった。演奏終わっておじぎする姿が、今日の羽生結弦くんと重なりました(笑)

※ 定期演奏会が行われた同日、平昌オリンピック2月16日のフィギュアスケート男子SPで、仙台市出身の羽生結弦選手が「異次元の強さ、圧巻の演技」でトップに立ちました。


投稿者 : admin 投稿日時: 2018-03-30 (93 ヒット)

仙台フィル ファンクラブ・レター

Vol.236 2018年2月号

EVENT
ふれあい懇談会へのお誘い

仙台フィルハーモニークラブ―SPC―では、年の初めに仙台フィルハーモニー管弦楽団の退団者と新入団者をお招きしての「ふれあい懇談会」を毎年開催しております。
今年は2名の退団者と、新入団されたクラリネットの鈴木雄大さんをお誘いしたいと思います。さらにサプライズとして・・・・・

REVIEW
ジルベスター・ガラ・コンサート 聴きました!

ジルベスタ―にふさわしい華やかなドレス姿の楽員が加わった仙台フィルのコンサート(2017年12月31日  東北大学川内萩ホール)でした。コンサートマスター西本さんのもと、飯野さん(ヴィオラ)、吉岡さん(チェロ)、河野さん(コントラバス)らの8型の編成で、とてものびやかで楽しいコンサートでした。・・・・・

♪SPCのおすすめ♪
ARTWAYDUOライブ at カフェくるり Vol.3

我らがタタルさん夫妻のパワフル&セクシーな演奏と、カフェくるりの美味しい料理が毎回大人気! 待望のVol.3ライブが行われます!・・・・・

SPC大賞ひとことコメント・セレクション
SPC大賞 315回定期演奏会 2018年1月19、20日
指揮:高関健
ヴァイオリン:青木尚佳
ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番
ハチャトリアン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調作品82

東京から聞きに来ました。たいへん素晴らしいシベリウスで大満足です。20年くらい前に大阪でも聴きましたが格段に良かったです。

副旋律がくっきり聞こえる両翼配置、最高!! 青木さん、相当力をつけてきています。おみごと!シベ5、いいですね~! 4番の次に好きです。もっとテンポおとしてもよかったかも。

青木尚佳さん、あまりに上手でおどろきました。また仙台に来て欲しい。


(1) 2 3 4 ... 15 »
このページの先頭へ